参考書買取ならブックオフ?

本を売るならよくブックオフといいますが、参考書や問題集などは
ブックオフに売っては駄目です。

 

駄目ですというよりは、ブックオフでは参考書や問題集などは買い取ってくれません。
ましてや予備校テキストなどは、とても相手にもされません。

 

お店や、担当者によってはたまに買い取ってくれることもあるようですが、ブックオフは基本的にマニュアルができていてアルバイトが機械的に査定をします。

 

一部、例外で売れている物は店長が独自に査定をするようになりましたが、買取価格は参考書買取専門店と比べるととても安いです。

 

参考書や予備校テキスト、赤本、青本などを売ろうと思ったら、これらの買取専門店に売った方が良いです。

 

ブックオフ以外には、オークションでの販売という方法もありますが、送料もかかるし、もし売れても後からクレームが出る心配があるので、あまりお薦めはできません。

 

売れなければ手数料だけ取られて結局はお金に替えるつもりが逆にお金を払うことになってしまいます。

 

少し前ですと、大学や予備校周辺に古本屋があって参考書なども買い取ってくれましたが、今はどこも青息吐息で、仮に買い取ってくれても販売力がないので買取価格は二束三文になりがちです。

 

とすると、もう売るところはないので、結局はゴミとして処分することになるのかと、あきらめないでください。
前述したように、参考書や問題集は買取専門店があるのです。

 

ただ、その専門店はお店をだしていません。
その分、高く買い取ってくれます。

 

その買取専門店は学参プラザといって、今までにも数多くの買取実績があります。

 

学参プラザは、大学受験参考書だけ買い取ってくれるのではありません。
中学や高校時代の塾テキスト・教材・受験参考書・問題集も買い取ってくれます。

 

この機会にまとめて買取してもらいませんか?
家の中もスッキリしますよ。

最新版の赤本・青本は400円以上、医学部は800円以上で買取。

 

河合塾の入試攻略問題集・駿台の実戦問題集・代ゼミのプレ問題集、全国大学入試問題正解は300円以上を保証。

 

700点以上の参考書・問題集を定価の15〜30%以上買取価格保証

 

高額買取商品一覧を確認できます!

 

赤本 青本 買取 参考書・問題集・赤本、予備校テキストの高価・高額買取商品一覧

学参プラザはネット上から申し込むことになるのですが、申し込むとダンボールが送られてくるので、売りたい参考書や予備校テキストなどを詰めて送り返すだけです。
もちろん、ダンボール代は無料です。
配送料も買取商品が10冊以上なら送料が無料になります。

 

集荷手配もしてくれるので、段ボールに詰め終わったら配送業者が取りに来るのを待つだけです。

 

着払いですので費用は1円も発生しません。

 

赤本 青本 買取

 

買取できる商品としては参考書・問題集・赤本・雑誌等なら発売から10年以上経過した古いものでも買い取ってくれます。
また、予備校テキストや塾内教材、模試、CD・DVD教材なども買取ってくれますよ。
ただし、買取が出来ない場合もあるので注意してください。

 

■買取できない商品
・カバーがない
・CD・別冊等が無い
・切り抜き・破れ
・水濡れ・汚れ
・書き込み

 

などは買取ができない商品です。
ゴミとして処分する前に一度、査定だけでもしてもらう価値はあると思います。

 

 

大学受験参考書、予備校テキスト、赤本、青本高値買取専門業者を紹介します

大学に合格、おめでとうございます。

 

ところで、あなたが大学受験の時に使った、参考書、問題集、予備校テキスト、赤本、青本
など高値買取りしてくれる専門業者があるのを知っています?

 

大学受験の時に使用した、参考書、問題集、予備校テキスト、赤本、青本など処分に困って
いませんか。

 

ひょっとしたら大学受験で使い終わった参考書、問題集、予備校テキスト、赤本、青本などは
古本屋では買い取ってくれないと思っていませんか?

 

実は私もそう思っていました。しかし、発見したのです、大学受験の時に使用した、参考書、
問題集、予備校テキスト、赤本、青本などを高値買取してくれる業者があることを。

 

ここで紹介するのは受験参考書などの買取専門店なので、他の古本屋や、ブックオフ等で買取
を行っていない、又は値段がつかない予備校テキストや、古い問題集、赤本、過去問、教材
まで幅広い買取をしてもらえます。

 

 

大学受験の時に使用した参考書、予備校テキスト、赤本、青本などを売却する方法として
オークションやAmazonに出品する方法もありますが、商品登録から、梱包、発送、購入者
との連絡、入金の確認などを自分でする必要があります。

 

また、期待していた金額で売れないこともあれば、売った後でもクレーム、トラブルが
あれば対処しなければいけません。

 

それに出品したからといって、直ぐに売れるとは限りません。
売れたとしても販売手数料が取られます。

 

覚えること、作業量、リスクが大きく専門買い取り業者に売ることに比べたらとても
大変な作業になります。

 

それよりも参考書の買取を中心としたインターネット売買9年の実績を誇る
買取専門サイトに売却するほうが簡単で安心です。

 

大学の赤本、青本などにかぎらず、他の大学の赤本、青本なども買取はOKです。
予備校テキストなどは、書き込み、線引がある場合、ない場合と較べて査定額は
アップします。

 

また、大学受験向けだけでなく、小学校、中学校、高校の受験に関するものも
買い取ってもらえます。
語学(TOEIC,TOEFL等)、各種資格試験、法律、人文科学、社会科学、医学書
といった専門書、学術書、教科書などもOKです。

 

もし、あなたが不要であれば、この際一緒に処分してみませんか?
買取希望と申し込むと無料でダンボールが送られてきます。
そのダンボールに不要の大学受験の時に使った、参考書、問題集、予備校テキスト、
赤本、青本などを入れて送るだけです。

 

買取事例

★一橋大学、早稲田大学の青本、慶応義塾の赤本の他にも、日本史、地理、現代文などの
文系科目の参考書など約100点で約16,000円

★2014年度の京都大学、東北大学、岡山大学、広島大学、同志社大学、立命館大学、
明治大学、静岡大学などの赤本、青本、約40点で約11,000円

 

★駿台の「東京大学への数学」、河合塾の入試攻略問題集-九州大学-の他、東京大学、
早稲田大学、慶應義塾大学の赤本、Z会の高校入試攻略講座DVDなど約130点で
約21,000円

 

赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本の買取に関する質問

■質問:買取できる商品、買取できない商品
答え:
・買取できる商品
受験や勉強に関連する商品を全般
赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本、受験参考書、問題集、各種予備校テキスト
他店(ブックオフ、古本屋)などで買取しない商品も買取します。

 

・買取できない商品
■質問:線引き・書き込みがあっても買取可能?
答え:
書籍・問題集・赤本・青本・黒本・緑本・白本・紫本・雑誌などは線引き、書き込みがあると買取できません。
ただし、1990年以前の古いものは線引き・書き込みがあっても買取OKです。
予備校テキストは線引き、書き込み大歓迎です。

 

■質問:CD・DVDにキズがある場合
答え:
多少のキズは買取することができます。
ただし、研磨機で修復不可能な場合は買取ができません。

 

■質問・受験雑誌(蛍雪時代など)は買取OK?
答え:
一般の書店で販売していた受験雑誌ならどれも買取できます。
古い年度でも買取することができます。

 

■質問:ISBN(商品コード)がついていない古い参考書でも買取OK?
答え:
古い参考書、問題集、赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本も買取することができます。
絶版の名著であれば高額買取ができます。

 

■質問:予備校テキストの解答がない場合は?
答え:
解答がついていなくても予備校テキストは買取可能です。

 

■質問:アマゾンで1円で売られているような安い商品でも買取できる?
答え:
学参プラザは、多くの販売経路をもっているので、買取することができます。

 

■質問:予備校テキストの記名は消したいのですが?
答え:
送付の前に、わからないように塗りつぶすか、そこだけ切り取ってもらってもかまいません。

 

■質問:商品の送料は無料ですか?
答え:
買取点数が20点を超える場合は送料の負担はありません。

 

■質問:査定金額の振込手数料は引かれるのですか?
答え:
査定金額の振込手数料は学参プラザが負担します。
査定金額から減額されることはありません。

 

ここの説明だけでは解決できない相談もあると思います。
もっと詳しい内容は学参プラザの公式ホームページをご覧下さい。

 

 

赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本、買取基準

学参プラザの赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本、などの買取基準です。
____________
買取商品
____________
■赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本、等々
発売より10年以内の比較的新しい商品
一般の書店で手に入る全般商品が対象です。
赤本、青本、緑本、大学受験参考書、大学受験問題集、各種勉強本、勉強法、合格作戦シリーズ、大学別模試問題集、蛍雪時代の受験雑誌、英語ヒヤリングCD、実況中継シリーズ、センター試験向けマーク形式問題集などなどです。

 

◆買取基準
買取できないもの
・書き込みや線引きがあったり傷みや汚れがひどいもの。
また、カバーがなかったり、付属品が欠けていても買取することはできません。
(1990年より以前の赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本、は線引きや書き込みがあっても買取可能です)
・高校で使った授業用教科書は買取対象にはなりません。

 

■予備校テキスト・塾内教材
河合塾・駿台・代々木ゼミナール・SEG・東進ハイスクール・鉄緑会・大数ゼミ・研進館・Z会マスターコース等の各大学入試向け予備校テキスト、教材。少数精鋭予備校、Z会旬報(解答・解説編)などの通信教育教材

 

◆買取基準
・テキスト自体に解答・解説がなくても買取できます
・書き込み・線引きがあテキストも買取可能です。
買取できないもの
現在、学参プラザで在庫過多商品(2014年10月現在)
「進研ゼミ」「四谷学院」「早稲田塾」「北九州予備校」「週3日制予備校」「グラデュエイト進学塾」テキスト

 

■模試
各予備校による大学別模試、各種地方国立大学、私立大学向けの模試。医学部受験向け模試など

 

◆買取基準
・問題模試と解答がセットになっている物だけ買取できます。
・線引き・書き込みがあっても買取できます。
買取できないもの
一般的なマーク模試

 

■CD・DVD教材
GOES/ゴーズ(語学春秋社・実況中継CDセミナー)駿台、イエジュク、アルス工房、北斗総研予備校、などのCD・DVD教材
◆買取基準
線引き・書き込みがあっても買取OKです
買取できないもの
・コピー品は買取できません
・付属テキストが揃っていないもの

 

より詳しい買取基準、買取の流れ、FAQ,高額買取商品、取り扱い商品はこちらから

 

 

予備校テキスト買取します

受験で使い終わった予備校テキストは参考書などと違って買取はしてもらえないと思っている方が大勢いるようですが、予備校テキストも買い取ってもらえます。

 

その買取専門店を紹介します。

 

予備校テキストは、古本屋、グックオフなどでは買取はしていません。

 

ネットオークションで売るのもひとつの方法ですが、個人情報が怖いですよね。
それに写真撮影、登録、発送、入金確認など大変です。
一番怖いのはクレームですね。
変なトラブルに巻き込まれるのは遠慮したいものです。

 

その点、ここで紹介する学参プラザは参考書の買取を専門にしたインターネット買取専門店で今年で9年の実績を誇ります。

 

予備校テキストはもちろん、参考書、問題集、赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本などを幅広く買い取ってくれます。

 

24時間全国対応で無料で買取を行っています。

 

予備校テキストなどの買取を申し込むと無料でダンボールが送られてきます。
あなたはそのダンボールに予備校テキストなどを入れて送るだけです。
もちろん着払いですから発送料もかかりません。

 

気になる予備校テキストの買取値段ですが、講座の種類や解答の有無、付属ノート・解説プリント等の揃い具合によって買取価格は変動します。

 

テキストだけでも参考書や赤本以上に高値買取できるものもあります。
回答なしのテキストでも買取はできます。書き込みがあってもOKです。

 

大手・少数精鋭予備校主催の各種大学別模試や記述模試も買取りします。

 

■■学参プラザでは、現在テキスト1冊につきプラス300円キャンペーン中です。
学参プラザ指定の「予備校テキストシート」を作成するだけです。
・ 5講座分の作成でプラス1,500円
・20講座分作成ならプラス6,000円です。

 

この金額は通常の予備校テキスト買取価格に加算して支払われます。

 

問題集買取します

受験専門古本屋「学参プラザ」は、色々な問題集を高値買取します。

 

買取できる問題集
・赤本問題集
・青本問題集
・黒本問題集
・緑本問題集
・白本問題集
・紫本問題集
などです。

 

 

24時間インターネット上で申込みを受け付けています。
上記問題集ばかりでなく、受験参考書、各種予備校テキストなどを買取しています。

 

受験で使い終わった問題集などは買い取ってくれないと思っていませんか?
「学参プラザ」は、は日本全国から送料無料で問題集などの買取を行っています。

 

出版から1年以内の書籍は最低買取保証があります。
・1年以内  15%以上
・6ヶ月以内 20%以上
・3ヶ月以内 30%以上

 

また、絶版参考書、高額買取参考書、高額予備校テキスト・教材などは、高値がつきやすいです。
少し事例を紹介します。

 

■絶版参考書・高額買取商品■
・大学への数学問題はどう作られるか栗田稔東京出版5000円〜
・大学への数学問題はどう作られるか栗田稔東京出版5000円〜

 

■高額買取商品(シリーズ・著者・雑誌)■
大学への数学 京大入試45年の軌跡 (CD-ROM版) 3000円〜

 

■大学受験予備校テキスト■
東進 東大日本史 8冊セット 10000円〜

 

 

また、「学参プラザ」が用意した「予備校テキストシート」を作成すると、通常買取プラス300円が追加されます。
20講座分作成すれば6,000円がプラスされます。

 

通常の買取価格にプラスされますから魅力ですね。

 

「学参プラザ」は、問題集の買取専門店だからこそ、他の古本屋やブックオフでは買い取ってくれない問題集や予備校テキスト、参考書などの高額買取が可能です。

 

 

赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本とは

「学参プラザ」では、赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本などの問題集を高値買取します。

 

各出版社からでている過去問・予想問題集(模試の過去問)などの表紙の色によって赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本と呼ばれています。

 

■赤本とは■
「数学社」の大学別の入試過去問『大学入試シリーズ』『医歯薬・医療系入試シリーズ』『獣医・畜産系入試シリーズ』。
過去数年分の入試問題と解答・解説や大学の情報・傾向が載っています。

 

全国の国公立・私立の大学の学部別・日程別に出されています。
数え切らない種類が出ていて毎年約600種類が出版されています。

 

■青本とは■
駿台予備校の出版社「駿台文庫」から出版しています。
大学別・学部別・日程別の入試過去問『大学入試完全対策シリーズ』『大学入試センター試験過去問題集』
赤本との違いは解説がより丁寧で精錬されています。
しかし、大学の種類、掲載年度数が赤本と比べて少ないです。

 

■黒本とは■
河合塾の「河合出版」が出版している、センター試験の過去問『センター試験過去問レビュー』
赤本と同じ17年分が掲載されています。

 

■緑本とは■
Z会の「Z会出版」が出版している、センター試験の過去問『センター試験過去問』
ハイレベルな通信添削で有名です。
別名「グリーン本」とも呼ばれています。

 

■白本とは■
代々木ゼミナールの「代々木ライブラリー」から出版されています。
センター試験教科別の過去問『大学入試センター試験過去問題集』『大学入試センター試験実戦問題集』

 

■紫本とは■
河合出版から出ている、『入試攻略問題集』
大学(東大・京大・名大・広大・九大)の模試の過去問を教科ごとにまとめたものです。

 

 

もう少し経つと書店のコーナーには一種の風物詩のように赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本が山積みされます。

 

東海地方では大学限定で「黄本」も出版されます。
また、西日本では大阪の「英俊社」が出版する高校・中学の過去問も「赤本」として有名です。

 

まだまだ、他にも地域によって色々な入試過去問が出版されています。

 

「学参プラザ」では、赤本、青本、黒本、緑本、白本、紫本などの問題集を高値買取します。